アトランティス号ISS

アトランティス号(Space Shuttle Atlantis、NASA型名:OV-104)はNASA スペースシャトル・オービスたの5機の内の1つで4番目に建造された。アトランティス号という名は、ウッズホール海洋研究所で使用された調査船に由来し、1985年10月3日にSTS-51-Jにて初飛行を行った。2011年7月8日から7月21日までのSTS-135が最終飛行で、スペースシャトル計画における最後の飛行ともなった。スペースシャトルとは宇宙輸送システム(Space Transportation System.STS)あるいはスペスシャトル計画の一環としてもちいられた。STSの開発と、NASAのおかれた様々な政治的状況を起こしてしまったシャトルの事故も影響して、およそ10年ごとに大きく移り変わっていったが、数々の人口衛生や宇宙探査機の打ち上げ、宇宙空間における科学実験、国際宇宙ステーション(Internat ional Space Station.ISS)の建設などである。国際宇宙ステーション(ISS)は、地上から400km上空に建設された巨大な有人実験施設です。

ISSが2011年に完成してから

ISS(国際宇宙ステーション)が2011年に完成した時にテレビやラジオ、新聞などで大々的に告知された事は今なお記憶に新しいという方も多いでしょう。この出来事は宇宙科学技術関連の研究の発展にこれからも大きく貢献していくと予想されています。...もっと見る>>