プロトン-MISSについて

プロトン-M(プロトン8K82KM、プロトン8K82M)は最新式バージョンで3-3.2トンの(ISS)に運ぶ重量物を静止軌道へ投入若しくは5.5トンの重量物を静止トランスファー軌道へ投入する。低軌道には最大22トンまで国際宇宙ステーション(ISS)の周回する51.6°の軌道傾斜角に投入できる。プロトン-Mの改良点は1段目の構造重量を減らし、推力w王匡して推進剤を完全に使うようにしたことである。全体的にプロックDやブロックDM上段に使用する。外国製の部材削減にも注力した。2007年7月にILSはディレクTV-10衛星を載せた最初のプロトンを打ち上げ軌道に投入した。これは326番目のプロトン打ち上げで16番目のプロトンMの打ち上げでもあり41回目のILSによりプロトン打ち上げでもある。タンクを増量して強力なエンジンを搭載し航空電子機器を更新し2013年7月に3機の衛生を搭載して打ち上げたが、発射直後に問題が発生し、蛇行した後に空中分解し墜落した。2014年5月に打ち上げられたプロトンは制御用エンジンが故障、太平洋条で炎上して墜落した。

ISSに2017年にドッキング予定のMLM

MLMとは多目的実験モジュールの略で、ISS(国際宇宙ステーション)と結合することを目的にロシア宇宙連邦局の資金によって建造される予定の実験施設で、愛称はロシア語で化学を意味する「ナウカ」です。 現在の予定では2017年に打ち上げられる予定となっているMLMですが、...もっと見る>>